戸籍って?

遺産相続

2016年10月14日


最近、いくつかの相続手続きをお受けして、色々な街の役所から戸籍を取り寄せています。
順番に戸籍をたどっていく…この地道な作業が、実はかなり好きです。

ところで、戸籍ってなんでしょう?
普段は住民票を取ることはあっても、戸籍はあまり使わないですよね。
戸籍を使うって、パスポートを作る際や、結婚・離婚、相続…
そんなに頻繁じゃないですよね。戸籍って??

388091

戸籍には3種類ある

戸籍は、私たち一人ひとりの身分関係(親子や夫婦、兄弟姉妹など)を登録した公的な台帳のいようなものです。戸籍謄本や戸籍抄本は、これらの親族との身分関係を証明するための書類です。

戸籍は、3種類あるって知ってましたか?「(現在)戸籍」「除籍」「改正原戸籍」の3つがあるんです。よくわからんですね…。

「(現在)戸籍」とは

筆頭者を含め構成員が婚姻や死亡で除籍になっても、誰かが残っている状態の戸籍です。

「除籍」とは

(現在)戸籍で残っていた方も除籍になり誰も残っていないか、他の市区町村に本籍を移した(転籍)場合をいいます。

「改正原戸籍」とは

戸籍法が改正され昔の戸籍を現在の戸籍に編成替前の状態や、平成6年電算化が認められ、電算化前の紙の状態のものをいいます。

戸籍から家系図作り

上記のように各戸籍の種類を説明しても分かりにくいですね。そこで提案です。
一度ご自分の戸籍から始めて、ご先祖を辿ってみてはいかがでしょうか?家系図作りです。
戸籍のこともよく分かるし、家族の歴史で新たな発見があるかもしれませんよ。


The following two tabs change content below.
佐々木啓

旭川市の行政書士の佐々木啓です。行政書士になるまでは普通の会社員でした。自分自身が病気をして、手続きや制度で困ったな~という経験がこの仕事を選んだ理由です。「困った!を何とかしたい!」が私のテーマです。

詳しいプロフィールはコチラをご覧ください
佐々木啓

最新記事 by 佐々木啓 (全て見る)