自筆証書遺言の日付

その他

2019年4月27日


今日を含め、あと4日で改元ですね!

新しい元号は「令和」

「平成」に変わったときも、慣れるまでしばらくかかりましたが、

「令和」に慣れるのにも、少し時間がかかりそうです。

 

 

さて、タイトルにある「自筆証書遺言」ですが、

これには必ず「日付」を書きます。

例えば今日であれば、平成31年4月27日ですね。

 

改元後は、令和元年5月1日となりますね。

うっかり、平成31年5月1日と書いてはいけませんよ!

人生で、そう何度も経験することのない改元ですから、

注意してくださいね。

 

実際、法務省から以下のような注意喚起がされています。

「改元後、かなりの時間が経過したにもかかわらず旧元号を書いていると、

真実の作成日や遺言者の遺言能力について疑義を生じさせかねない」

 

確かにそうかもしれませんね。

今日から10連休の方も多いと思います。

既に「自筆証書遺言」を書かれている方は、

内容の確認も含め、再度ゆっくりと推敲し、

ご家族の将来に思いを馳せながら、

新元号で、改めて書いてみるのもいいかもしれませんよ。


The following two tabs change content below.
佐々木啓

旭川市の行政書士の佐々木啓です。行政書士になるまでは普通の会社員でした。自分自身が病気をして、手続きや制度で困ったな~という経験がこの仕事を選んだ理由です。「困った!を何とかしたい!」が私のテーマです。

詳しいプロフィールはコチラをご覧ください
佐々木啓

最新記事 by 佐々木啓 (全て見る)