シンポジウム

医療福祉

2019年7月11日


昨日は、

旭川市東光地域包括支援センター様主催の

シンポジウムにパネリストとして参加させて頂きました。

 

テーマは

「身寄りがない人への支援を考える」

 

そこで、「死後事務委任契約」について話しをさせて頂きました。

会場には、

民生委員さん

他地域の包括職員さん

ソーシャルワーカーさん

介護施設の職員さん

社会福祉協議会の職員さん…などなど

60名近い方が参加くださり、

関心の高さを感じました。

 

医療ソーシャルワーカーさんと、

ケアマネージャーさんの話も大変勉強になりました。

 

また、新しいご縁もたくさん頂き、感謝です。

 

改めて思いますが、

医療・福祉分野と行政書士業務って、

親和性が高いと思います。

でも、特殊な分野でもあるので誰でも参入は出来ないかも…

新しく、業務研究したい方がいらっしゃいましたら、

ぜひ一緒に勉強しましょう!


The following two tabs change content below.
佐々木啓

旭川市の行政書士の佐々木啓です。行政書士になるまでは普通の会社員でした。自分自身が病気をして、手続きや制度で困ったな~という経験がこの仕事を選んだ理由です。「困った!を何とかしたい!」が私のテーマです。

詳しいプロフィールはコチラをご覧ください
佐々木啓

最新記事 by 佐々木啓 (全て見る)