ページトップに戻る

理念と想い~KEI法務事務所の方針CONCEPT

身近で敷居が低く
気軽に相談できる
法律家


身近な問題に共に寄り添い解決する
日常の「ちょっと困った」を
聞ける人でありたい。

経営理念・方針

法律や制度を使い

困っている人を支え助けること

障害や病気、高齢や貧困など様々な問題があっても、
その人にとって自分らしく最善の選択が出来るように、
寄り添い、助けられる存在でいたい。

法務サービスの提供を通して社会問題を解決し、
誰もが生きやすい環境を作る。

~ 想い ~

幼少期の貧困体験・気軽に相談できる大切さ

少年期に体験した貧困と、そこから立ち直り仕事で経験した、末期がん患者さんの公正証書遺言の作成が現在の仕事への想いに通じています。

少年期の貧困で覚えていることは両親の苦しさとその辛さという感覚が子供の頃の感情です。

親の事業失敗で、多額の借金ができてしまい生活がとても苦しかったことと、そのことでうまくコミュニケーションがとれずに孤立していった家庭や家族の心が忘れられません。

今は、当時、両親は辛かっただろうな…苦しかっただろうな…と思います。あの状況で出来る最大限のことをしてくれていたんだろうなと、今なら素直に思います。と同時に、他に方法はなかったのかな?と思います。結局、家を手放して小さな借家に移りましたが、もっと早く適切な場所なりに相談していたら、違った結果になってたんじゃないかな?と思います。

多分、父は父なりに、一生懸命必死に頑張ったと思います。でも、専門家に助けてもらえば、簡単に解決したり、もっと違う解決策があっただろうにって強く思います。あとは、正直に自分や妹に状況を話してくれたら良かったなとも思います。「お金がない!」ばかりを毎日のように言われても、よくわからなくて、どんどん寂しくなっていきましたね。言いたくなかったのか、言ってもわからないと思ったのかはわかりませんが、言ってもらったほうが嬉しかっただろうなって思います。

命を懸けた共同作業を通して

遺言や相続の業務に関しては、ある女性の方との出会いが忘れられません。
その方は末期がんで、余命を宣告されていました。でもとてもお元気で明るくて、いつも人のことを考える素敵な方でした。

その方から遺言の相談を頂きました。

以前に公正証書遺言を作っているけど、その内容を見直したいとのことで、色々とお話を伺いお手伝いさせて頂くことになりました。

その後、何度も何度も相談を続け、ご本人の納得のいく公正証書遺言を作製することが出来、とても喜んで頂きました。

その方と何度もお話しをした際に、その方の今までの人生に触れ、心が震えました。何度も涙をこらえながらお話しを聞きました。

こんな仕事ってあるんだなって、感動したのを今でもはっきり覚えています。その後1か月ほどでその方は旅立たれました。この出会いから、遺言や相続など、人の最期に関わる仕事をしようと思うに至りました。

5つ

安心、信頼してご依頼頂ける理由

の考え方とお約束

1
身近な無料相談

遺言、相続に関する問題の解決に必要な費用のお見積りを無料で作製いたします。

旭川市内はもちろんですが、北海道内どこでも対応させて頂きます。

2
信頼の守秘義務

行政書士には秘密を守らなければならない守秘義務が法律で定められています。

遺言、相続というプライベートなことですが安心してご相談ください。

3経験から得た
豊富な専門知識

遺言、相続の専門なので経験が豊富です。

遺言、相続に関するセミナーの講師をはじめ、無料相談での担当もしています。

4
安心のアフターケア

遺言、相続に関するサポート業務が終わった後も安心のアフターケアがございます。
遺言、相続の業務が終わった後に気になることが出てきましても無料でご相談頂けます。

5
便利な出張相談

当事務所まで来られるのが難しい場合は便利な出張相談で対応させて頂きます。
ご自宅で遺言、相続などの話ができない場合には喫茶店などを利用することも可能です。